思い出

2018年05月13日

バブルの遺産 ホテル川九

IMG_9143ある雑誌で偶然見つけた
ヨーロッパのようなお城のホテル
こんなホテルに泊まってみたいな。。


そんな軽い気持ちから魅了され
先月訪れて宿泊してみた





それは和歌山県にあるホテル川九
異国の歴史ある城のようなエントランス
多くの美術品で装飾されたロビーやホール
全室スィートルームという
バブル時代でも頂点に建つと言われた
凡人の私には当然縁のない
超豪華なホテルだ



調べるといろいろな興味深い
情報が見つかるのだが
何といっても驚きなのは
そんな豪華なホテルが
ごく一般的な宿泊料金で
泊まれちゃうという事だ



墓参りを兼ねた両親と家族での旅行
パンダを見たアドベンチャーワールドよりも
私は川九のホスピタリティや王様のブュッフェ
そして建築物に一番の興奮を覚えた旅行だった



合同会社 庭づくり ねむのき
代表  久志 晋司(ひさし しんじ)




liebejapan at 21:47|PermalinkComments(0)

2014年12月14日

休暇の伊東温泉

PB170109一碧湖で鯉をみる男たち


のんびりとした風景に
日々の怱忙を忘れる一枚









職人さん達との貴重な休暇旅行
いつも休みなく働く大工さんと行きました



何年振りだろう
仕事以外でゆっくりと
時間を過ごす旅行が実現したのは



また来年も、公私共に
お世話になりたい大切な仲間です



合同会社 庭づくりねむのき
代表 久志晋司(ひさし)
(株式会社リーベ 正規特約店)


liebejapan at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月07日

エアストリームの秋

P10172403年前、友達に誘われたキャンプ
そこはエアストリームのオーナー
たちが集う場所だった


今年、またまた誘われて参加
今度は家族3人でひょっこり
混ぜてもらった



年に何度か開催される
オーナーたちの集いの場
日本全国からはるばる
キャンピングカーを引き連れて
メタルな車両が集まるイベント


友人と合流し、目的地の石川県へ
免許は牽引が必要なため交代不可
赤ん坊も一緒なので、こまめに休憩を
取ってもらい、10時間ほどで到着


キャンピングカーで眠るのは初めて
だったが、2段ベッドの狭さ加減が
私にはちょうど良かった


帰りは集まった車両10台以上で
ぞろぞろ連なり走る姿も貴重な一瞬


一生みることがないかもしれない車を
一日で何十台も見せてもらった
素敵な秋の旅行でした


ひさし






liebejapan at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月17日

夏はいずこへ 寒い毎日

画像 437寒い日が続いて、すっかり秋も
終わり年末モードに入ってきた

ついこないだまでそこにあった
猛暑の日々がなつかしい







寒さが身にしみる季節
11、12、1、2、3月


暑くて倒れそうになる季節
7、8、9、10?月



地球温暖化といわれようとも
日本は寒い季節が多い
やっぱり常夏の土地に移住するか


初夏の尾瀬に行きたい
ひさし

liebejapan at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月28日

エアストリームの夏

001友人のキャンプに招待された
行ってびっくり
キャンピングカー村

メタルなボディーの車両
エアストリームって言うらしい
これだけの台数が揃うのも
なかなかの見ごたえだ




オーナー達は大きな休みがあると
家族同士であつまり交流をもつ
そんな中にひょっこり混ぜてもらった

皆さんなんだかゆとりに満ちた
笑みを持ち合わせた方達だった

それだけ普段は忙がしいからこそ
家族で一緒に過ごす時間の使い方を
大切にしているのだろう


移動式家屋として検討してみようかな



ひさし


liebejapan at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月01日

海温泉

0fa3c6f3.jpg海温泉はでっかい


気持ちもでっかくなる


日々の疲れも吹っ飛ぶ


でも風が冷たくて寒い


やっぱ好きなのは山奥の秘湯か


次はどこ行こう


まもなく温泉連休


もとい大型連休


渋滞覚悟で旅立ちます



ひさし




liebejapan at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月21日

懐かしの手押しポンプ

img-20080421_1杉並の善福寺川沿いで発見

なんだか懐かしい、レトロなポンプ
つい何度も水を吸い上げてしまいました


でも、何で懐かしいのか


子供の頃、井戸なんてそうそう
見なかったし、近所にもなかったのに



きっと、記憶の中で懐かしい物として
植え付けられたのでしょう〜


そういえば会社でも売ってましたね。
使った事はないけど、売れてるのかな?


ひさし

liebejapan at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月08日

窓からの雪景色

5d2fbefd.JPG深々と静かに降り積もった
雪を翌朝窓から眺める


窓を開け、清々しさに
思い切り深呼吸


体の中まで冷気がしみこむ
感覚にようやく目が覚める


あ〜 まったり


ゆっくりとした時間を満喫
雪の宿での思い出


ひさし

liebejapan at 22:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年02月04日

打ち上げ花火

6f1eeffc.jpgはるか昔、奥○恵さんが中学生役で
主演していた

「打ち上げ花火
  横からみるか?下から見るか?」

みたいなタイトルのショートストーリー
ありました。


思春期の頃、異性がお互いに理解でき
ないみたいなのがテーマで、男の子が
いくつかの選択肢に悩むんですよね、
本当の事を言うか、嘘をつくか?
恋をとるか友情か...みたいな。

結末はよく覚えてないけど、その世界観と
BGMがとても好きでした。


季節はずれの打ち上げ花火、寒空の夜と
記憶の中にくっきりと焼きつきました。


ひさし

liebejapan at 20:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月23日

近所の公園

3ff39fd4.jpg先日の休みに実家のそばに帰って来た
ので、昔よく遊びに来た公園に行って
みました。

中学時代は授業の一環で写生会に来たり、
お祭りがある夏には、暗闇の公園を仲
間と散歩しながら、恋の悩みを話し合っ
たり...そして大人になってからも、
デートで散歩したりした思い出いっぱい
の公園です。

庭の仕事にはまり込んだ後に、じっくり
と鑑賞しながら散歩したのは、おそらく
今日が初めてかな?


有意義なゆったりとした時間を楽しみま
した。

ひさし


liebejapan at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月11日

〜未だ予定なし。

2f2feefe.JPG北海道最後を飾ったのが、長万部温泉でした。
寂れた温泉に入り、名物の蟹弁当食べてござで
昼寝しました。

僕はどこでも昼ねします。車には常にござ。

帰りのフェリーでキャンセル待ちして、無事
翌日からの仕事に間に合いましたよ。

一人旅としては、結構贅沢な旅行でしたね。
今年は何しましょう?!

ひさし

liebejapan at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月05日

今年の夏は...

1d324586.JPGひさびさのひさしです。

北海道の旅行は、その後釧路の市場で好きじゃない
ウニを食べました。なぜ好きでもないのに食べるのか?
それはもしかしたら好きになるかも知れないと思った
からです。本場(?)釧路のウニですよ?!好きな人
にはたまらないんだろうなぁ...
結果、やっぱり僕はウニが好きじゃないことが判明
しました。


やるだけやってだめなら諦める。これで人生も悔いは
ないでしょう〜。

ひさし


liebejapan at 14:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年06月25日

暑い...

d420b3c1.JPGいやぁどうしたことか...もう真夏ですね。
暑すぎる!現場も暑いし、事務所もエアコン
ないし暑い!ようやく扇風機が設置されたけ
どね。(なぜか4台も..)

北海道続編の道東では、羅臼から根室に南下
する途中で立ち寄った湿地帯が良かったです。
野付半島という、海老みたいな地形のところ
でした。トドワラ林が海水の浸食で枯れていく
姿が印象的でした。

ひさし

liebejapan at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月20日

羅臼の温泉

0986b4ec.JPG知床峠を東に下ると羅臼に出ます。
そこから北に1時間程いくと温泉が
ありました。行ったときは知らな
かったけど、「北の国から」でも
撮影に使われてるんですよね?

海の温泉だなんてすごいな!って
思いながら行ったのに、満潮で海水
と混ざってて入れませんでした...


海が満ちたり引いたりするように、
人生にも浮き沈みがあるんですね...


ひさし

liebejapan at 08:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月29日

知床の朝

4ce013c1.JPGお盆休みの真夏に行った北海道、車で野宿し
朝焼けを見に知床の宇登路岬を眺めました。


夜中に到着した知床には外灯も全くなく、
真っ暗な海岸沿いの道をひたすら北に走り
ました。すると、突如現れる一角が温泉街
としてとても輝いて見え、「こんな温泉街で
ひとっ風呂入りたいな〜」と思っても、時間
はすでに夜中...次の日戻ってこようと誓い、
知床峠のパーキングでひっそり夜を明かし
ました。


朝になり戻ってみると、夜に見た華やかな
イメージとは程遠くごく普通の静かな温泉街
でした...


つまり言いたいのは、夜に想像したものは
実際のものより良く思えたり、テンションが
高い自分を翌朝冷静に感じさせられたりする
事が多々あるということです。あなたも身に
覚えありませんか?夜中に書いたはずかしい
ラブレターとか...

今となっちゃ、懐かしーい思い出ですね。
ひさし




liebejapan at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月23日

遥かなるオンネトー

72683769.JPG以前、一週間程の休みを丸ごと使って、北海道に
行ってきたことがあります。千葉から車で出発し、
フェリーに乗るつもりでいたのに、2ヶ月前から
予約でいっぱいでした。それでもせっかくの休みを
じっとしてられず、結局青森まで車で行き、キャン
セル待ちでなんとか北海道にたどり着きました。


今回は幼い頃育った田舎がある道西にはいかず、
道東目指していくつかの観光ポイントに寄りまし
たが、初日で一番印象的だったのはオンネトー湖
です。ここって少し歩くと温泉もあるんですよね。
更衣室もろくにないような、無造作に作られた
ような岩の温泉。ゆったり入るような場所ではない
けど、せっかくだし入ってきました。

温泉と旨いものめぐりの旅を、もう一度...


ひさし



liebejapan at 09:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)